アドレス交換Liteの使い方~連絡先をQRコードで交換できる

iPhoneの連絡先をQRコードにして交換できるアドレス交換Liteというアプリがあります。

アドレス交換Liteは連絡先のデータをQRコードとして書き出してくれるので、ガラケーみたいに直接の通信手段がない相手とも連絡先の交換が簡単にできます。

今回はQRコードの作成方法とQRコードの読み取り方法を紹介していきます。

アドレス交換Liteアプリのアイコン

価格: 無料


ジャンル:連絡先


★5段階評価:★★★★☆



スポンサーリンク


 アドレス交換Liteの使い方:QRコードの作成方法

QRコードを作成するには、まずトップ画面の『QR作成』をタップします。

IMG_5112

 

連絡先が開くので、QRコードで書き出したい人の名前をタップします。

今回は試しに作った山田太郎さんをタップします。

IMG_5113

 

連絡先が正しかったら画面右上の『QR生成』をタップします。

IMG_5114

 

画面下のメニューで相手のキャリアを選択し、右下の『上矢印のマーク』をタップします。

※近くに相手がいる場合、この画面のQRコードを直接読み取ってもらってもOKです。

IMG_5115

 

QRコードをどこに保存するか選択できるメニューが開きます。

『メールに添付して送信』をタップするとメーラーが起動してメールで送信できます。

今回は『カメラロールに保存』をタップします。これでQRコードの作成は完了です。

IMG_5116

 

アドレス交換Liteの使い方:QRコードの読み取り方法

 

受け取ったQRコードを読み取るには、まずトップ画面の『QR読み取り』をタップします。

IMG_5117

 

『カメラ(自動認識)』か『写真アルバム』を選択できます。

『カメラ(自動認識)』を選択した場合、カメラが起動するので直接QRコードを読み取ってください。

『写真アルバム』を選択した場合、カメラロールからQRコードを選択できます。

IMG_5118

 

QRコードを正常に読み取れたら、下の画像のように情報が表示されるので、メニューから連絡先に追加したりできます。

これでQRコードの読み取りは完了です。

IMG_5121

 

ガラケーで読み取ってみました

 

せっかくなのでガラケーでもQRコードを読み取ってみました。

こんな感じの画面になりました。

IMG_5122

 

QRコードリーダーとしても使える

 

今回はアドレス交換Liteの使い方を紹介してきました。

直感的に分かりやすい作りになっているので操作に困ることは特にないのかなぁと思います。

たまに出会うガラケーの人のためにこのアプリを入れておくと、かなりスムーズに連絡先の交換ができると思います。

また、QR読み取り機能はこのアプリで作成したQRコード以外も普通に読み込めます。

なのでQRコードリーダーをまだインストールしていない人はこのアプリを入れておけば一石二鳥だと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!

⇒ 今回紹介したアプリのダウンロードはこちら


スポンサーリンク


↓ あなたにおすすめのアプリ5選 ↓

≫1位:AbemaTV ~無料でテレビ番組が見れるインターネットテレビ局~

≫2位:MSQRD ~マツコ会議で紹介された顔が入れ替わる面白自撮りアプリ~

≫3位:KKBOX ~一ヶ月無料で音楽聴き放題!オフラインで聞く方法を解説~

≫4位:LINEでブロックされているか確認する方法

≫5位:LINE MUSIC ~30日間無料で音楽聴き放題!無料期間確認方法を解説~

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL