iPhoneのスリープボタンが陥没で壊れた時に再起動する方法!

iPhoneは再起動する時にスリープボタンの長押しが必要ですので、スリープボタンが陥没などで壊れてしまうと、再起動ができなくて困ってしまいますよね。

そこで今回は、スリープボタンを使わずにiPhoneを再起動する方法を紹介していきます。


スポンサーリンク


 スリープボタンを使わずに電源オフ

 

まずは電源をオフする方法から紹介していきます。

iPhoneの設定メニューの『一般』をタップします。

IMG_6495

 

一般メニューの中に『アクセシビリティ』があるのでタップします。

IMG_6496

 

アクセシビリティメニューの中の『AssistiveTouch』をタップします。

IMG_6497

 

開いた画面でAssistiveTouchのオン/オフを切り替えれるので『オン(濃い色)』にします。オンにするとこの画像のように丸いボタンが現れるのでタップします。

a1

 

選択肢が表示されるので『デバイス』をタップします。

a2

 

さらに『画面をロック』を長押しします。

タップではなく長押しして下さい!

a3

 

長押しをしていると、電源オフ画面が表示されるので、あとは通常通りスライドすれば電源をオフできます。

a4

 

 スリープボタンを使わずに電源オン

 

スリープボタンを使わずに電源をオンにする方法は簡単で、iPhoneに充電ケーブルを挿して充電を開始してください。

それだけですぐに電源がオンされます。

 

スリープボタンを使わずに電源をオン・オフする方法は以上になります。

AssistiveTouchのボタンはオンにするとずっと表示されたままになるので、使い終わったら設定からオフにしてください。ホームボタンをすばやく3回押してもオフにできます。

AssistiveTouchには、ホームボタン機能やスクリーンショットの撮影など、ボタンが使えなくなった時に代用できる機能が揃っていますので、いざという時のために覚えておくと良いと思います。

私も古い機種はホームボタンが壊れてしまっているので、AssistiveTouchにはお世話になっています。


スポンサーリンク


↓ あなたにおすすめのアプリ5選 ↓

≫1位:SNOW ~アプリで顔交換して入れ替える方法【2人以上大人数も可能】~

≫2位:Snapchat ~犬のエフェクトのやり方を画像付き解説~

≫3位:MSQRD ~マツコ会議で紹介された顔が入れ替わる面白自撮りアプリ~

≫4位:KKBOX ~一ヶ月無料で音楽聴き放題!オフラインで聞く方法を解説~

≫5位:LINEでブロックされているか確認する方法

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL