eggアプリの自作フィルターの作り方&削除方法!

eggアプリでは顔写真を使って自作のフィルターを作ることができます。

今回は自作フィルターの作り方と使い方、削除方法を紹介していきます。

eggアプリのアイコン

価格: 無料


ジャンル:カメラ


★5段階評価:★★★★☆



スポンサーリンク


 eggアプリの自作フィルターの作り方、使い方

自作フィルターを作るには、トップ画面の左下の『スマイルとカメラのマーク』をタップします。

IMG_6646

 

このような画面が開くのでカメラで顔を認識させます。

「Unable to recognize face」は「顔を認識することができません。」という意味です。

自作フィルターは認識した顔からしか作れないので、認識できるまでは画面下のシャッターボタンも押すことができません。

IMG_6647

 

顔の認識に成功すると、画面下のシャッターボタンが黄色くなり押せるようになるので、タップすればフィルターを作れます。

IMG_6650

 

自作フィルターが作られるとこの画像のように、フィルター一覧の一番左に追加されます。

自作フィルターは複数作ることができ、作るたびに左に追加されていきます。

IMG_6651

 

使い方は簡単で、他のフィルターと同じようにタップしてから顔を認識させるだけです。

このように加工されます。フェイススワップみたいな感じですね。

IMG_6652 (1)

 

右下の『None』をタップすればエフェクトも付けれます。

IMG_6653 (1)

 

【カメラロールの写真も使えます】

自作フィルター用の撮影をした画面で左下の四角をタップすれば、カメラロールの写真を使えます。

IMG_6654 (1)

 

カメラロールの写真が一覧で表示されるので、写真を選択して顔が正常に認識されると右上の『OK』を押せるようになります。

OKを押せばフィルターが作成されます。

IMG_6655

 

 eggアプリの自作フィルターの削除方法

 

自作フィルターを削除するには、フィルターボタンを長押しします。

IMG_6656

 

このようにフィルターボタンの左上に『×マーク』が表示されるので、消したいボタンをタップすれば削除できます。

IMG_6657

 

自作フィルターの作り方と使い方は以上になります。

オリジナルのマスクが作れて面白いですよね。カメラロールの写真とのフェイススワップもこれでできます。

欲を言えば顔写真以外のフィルタも作れれば嬉しいのですが、技術的に難しいのかもしれませんね。

なんとか認識できないかなぁと思っていろんな動物の顔写真を撮影してみたのですが、まったく認識しませんでした(笑)


スポンサーリンク


■関連記事

⇒ eggアプリで2人で顔交換して入れ替える方法を解説!

⇒ eggアプリの使い方!犬のエフェクト・フィルターのやり方!

 

↓ あなたにおすすめのアプリ5選 ↓

≫1位:Snapchat ~犬のエフェクトのやり方を画像付き解説~

≫2位:MSQRD ~マツコ会議で紹介された顔が入れ替わる面白自撮りアプリ~

≫3位:KKBOX ~一ヶ月無料で音楽聴き放題!オフラインで聞く方法を解説~

≫4位:LINEでブロックされているか確認する方法

≫5位:LINE MUSIC ~30日間無料で音楽聴き放題!無料期間確認方法を解説~

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL