Snapseedの使い方:逆光補正のやり方と保存方法を紹介

写真の編集・加工ができるSnapseedアプリでは、画像調整機能によって逆光補正ができます。

今回は逆光補正から保存までのやり方を紹介していきます。

Snapseedアプリのアイコン

価格: 無料


ジャンル:写真


★5段階評価:★★★★☆



スポンサーリンク


 Snapseedの使い方:逆光補正のやり方

逆光を補正するには、まずトップ画面の『写真を開く』をタップします。

IMG_7198

 

カメラで撮影するか、カメラロールの写真を選択できます。

今回は『端末から開く』をタップしてカメラロールの写真を開きます。

IMG_7199

 

写真が開いたら右下の『丸の中にペンのマーク』をタップします。

IMG_7200

 

ツールやフィルタを選択できる画面が開くので、ツールの『画像調整』をタップします。

IMG_7201

 

開いた画面を上下にスワイプすると、この画像のようにメニューが表示されるので、『アンビアンス』を選択して指を離します。

IMG_7202

 

画面を左右にスワイプすれば、被写体と周囲の明るさを調整できるので、逆光を補正できます。

周囲の明るさを押さえたい場合は右にスワイプします。

今回は逆光を暗くしたいので右にスワイプしてアンビアンスの最大値「+100」まで逆光を暗くしてみました。

IMG_7203

 

補正前後を比較するとこんな感じになります。下が逆光補正後です。手が少しくっきり見えるようになりました。

IMG_7200

 

右上のマークをタップすれば、調整前の画像を確認することができます。

IMG_7205 - コピー

 

 Snapseedの使い方:画像の保存方法

 

調整を終えて画像を保存するには、右下の『レ』をタップします。

IMG_7204

 

画面上の『保存』をタップします。

IMG_7206

 

保存メニューが開き、3種類の保存方法を選べます。

編集が反映された画像を他のアプリでも使いたいので、今回は『エクスポート』をタップします。

これで編集した画像がカメラロールに保存されます。

IMG_7209

 

逆光補正のやり方と保存方法は以上になります。

被写体を自動で認識してくれるので、かなり楽に使えますね。

画像編集・加工アプリって、ボタンやメニューが多かったりして、慣れるまで結構大変だったりしますが、このアプリはかなりシンプルな作りになっていて使いやすいです。

一番最初の画面に『写真を開く』しかボタンがないところなんて、シンプル過ぎて私は大好きです。

ツールやフィルタをまだ全部使いこなせてないので、徐々に使って覚えていこうと思います。

⇒ 今回紹介したアプリのダウンロードはこちら

 

↓ あなたにおすすめのアプリ5選 ↓

≫1位:SNOW(スノー)アプリの使い方~犬のやり方を画像付きで解説~

≫2位:eggアプリの使い方!犬のエフェクト・フィルターのやり方!

≫3位:Snapchatの使い方~犬のエフェクトのやり方を画像付き解説~

≫4位:MSQRDの使い方~マツコ会議で紹介された顔が入れ替わるアプリ~

≫5位:LINEでブロックされているか確認する方法


スポンサーリンク



この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL