ROCK IN JAPAN FESTIVAL2016アプリの使い方

8月に開催される野外ロックフェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016(通称ロッキン)」。

昨年に続き、今年も開催にあわせて公式アプリがリリースされました。

この公式アプリは、自分の見に行きたいアーティストを並べて作れる「マイタイムテーブル」が非常に便利なアプリです。

それでは早速使い方を見ていきましょう!

ROCK IN JAPAN FESTIVAL2016アプリのアイコン

価格: 無料


ジャンル:イベント


★5段階評価:★★★★☆



スポンサーリンク


アプリの使い方

アプリを起動するとホーム画面が開きます。

出演アーティストを確認するには、画面下の『ARTIST』をタップします。

IMG_8004

 

出演アーティスト一覧画面はこのようになっています。

画面上のタブをタップすると、ALL(全出演アーティスト)や日程毎のアーティスト一覧ページに切り替えれます。

さらにアーティストをタップすれば、出演するステージなどの詳細ページが開きます。

IMG_8005

 

画面下中央の『TIMETABLE』をタップすると、タイムテーブル画面が開きます。

この画面も上のタブをタップすれば、各日程のタイムテーブルに切り替えれます。

アーティスト名をタップすれば詳細を確認できるので、試しに藍井エイルさんをタップしてみます。

IMG_8009

 

詳細ページはこのようになっています。

マイタイムテーブルに登録するには『マイタイムテーブル登録・削除』をタップします。

IMG_8010

 

画面下にメニューが表示されます。

『新規登録』をタップすれば新しくマイタイムテーブルを作ってから登録できますが、今回は最初から存在している「マイタイムテーブル1」に追加してみます。

IMG_8011

 

マイタイムテーブルを確認するには、タイムテーブル画面右上の『マイタイムテーブル1』をタップします。

IMG_8013

 

このように、自分が登録したアーティストだけが並ぶマイタイムテーブルが表示されます。

さらに画面下の『鐘のマーク』をタップします。

IMG_8014

 

メニューが表示され、登録済みの全てのアーティストに対して一括でアラームを設定できます。

IMG_8015

 

マイタイムテーブルから削除するには、登録の時と同じようにアーティストの詳細画面から『マイタイムテーブル登録・削除』をタップして、表示されたメニューの『マイタイムテーブル1から削除』をタップすれば削除できます。

IMG_8018

 

ちなみに、マイタイムテーブル内でアーティストの出演時間が被った場合はこのように隣に並んで表示されます。

IMG_8019

 

ロッキンジャパンは出演アーティストもステージもかなり多いので、マイタイムテーブル機能はとっても便利ですよね。

時間が被っているアーティストも隣に並べて表示してくれるので、とりあえず登録してからどっちを見に行こうかじっくり考えれます。

ちなみに、アーティストページやマイタイムテーブルはiPhoneが圏外でも閲覧可能です。フェスって電波がたまに不安定になるのでこれは非常に助かります。

⇒ 今回紹介したアプリのダウンロードはこちら


スポンサーリンク


best

≫1位:SNOW(スノー)アプリの使い方~犬のやり方を画像付きで解説~

≫2位:私のトリセツの使い方~診断もできるトリセツメーカーアプリ~

≫3位:Snapchatの使い方~犬のエフェクトのやり方を画像付き解説~

≫4位:LINE MUSIC無料期間の確認方法!期限後は自動で課金される?

≫5位:LINEでブロックされているか確認する方法

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL