漢字の読み方を手書きで検索できるアプリの使い方を画像付きで解説!

漢字の読み方が分からない時ってたまにありませんか?

「魚へん」の漢字などが良い例で、似たような字がいっぱいあって難しいですよね。

そんな時に便利なのが今回紹介する「常用漢字筆順辞典 FREE」というアプリです。

このアプリの検索機能を使えば、手書きで書いた文字で辞書内を検索できるので、読み方が分からない漢字を簡単に探すことができます。

常用漢字筆順辞典アプリのアイコン

価格: 無料


ジャンル:学習


★5段階評価:★★★★☆



スポンサーリンク


 手書き検索のやり方

アプリを起動すると、簡単検索の画面が開くので、この画面にタッチして漢字を書けば手書き検索ができます。

IMG_8576

 

今回は「鰈」という漢字を書いてみました。みなさん読めますか?

画面から指を離すと自動で検索が始まり、より近い漢字が画面上部の左のほうから表示されます。

正しく認識されたみたいで、一番左に探している漢字が表示されました。タップすればその漢字の詳細を見れます。

IMG_8577

 

画数、音読み、訓読み、書き順が表示されます。

さらに右上の詳細をタップします。

IMG_8578

 

詳細が表示されます。

IMG_8579

 

 クリップボードにある漢字の検索

手書きからの検索はここまでの手順でできるのですが、このアプリにはもう1つ便利な機能があるので紹介します。

その機能は「クリップボードにある漢字の検索」です。どういうことか少し分かりづらいと思うので、やり方を詳しく紹介していきます。

 

例えば、メモ帳に分からない漢字を含んだ文章があるとします。

その場合に、まずはコピーしてクリップボードに入れます。

IMG_8581

 

この状態でアプリを開いて画面下の『リスト』をタップすると、コピーした文章の先頭5文字が自動で検索されて、「クリップボード」の項目に表示されます。

漢字をタップすれば詳細を見れます。

IMG_8582

 

検索のやり方は以上になります。

読み方が分からないと、ネットで検索することもできないので、手書き検索は何気に便利です。

特に人の名前に使われる漢字は、難しい漢字が結構あるので、私はよくこのアプリの手書き検索を使っています。

ちなみに、パソコンのOSがWindowsの場合、IMEパッドを使えば同じように手書き検索ができます。こちらの方法もおすすめですので是非試してみてください。

⇒ 今回紹介したアプリのダウンロードはこちら

best

≫1位:SNOW(スノー)アプリの使い方~犬のやり方を画像付きで解説~

≫2位:私のトリセツの使い方~診断もできるトリセツメーカーアプリ~

≫3位:Snapchatの使い方~犬のエフェクトのやり方を画像付き解説~

≫4位:LINE MUSIC無料期間の確認方法!期限後は自動で課金される?

≫5位:LINEでブロックされているか確認する方法


スポンサーリンク



この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL