タウンWiFiアプリの危険性・評判を解説!

公衆の無料Wi-Fiに自動で接続してくれるタウンWiFiアプリ。

接続先に大手コンビニやマクドナルドなども追加され、どんどん便利になっていきます。

ですが「無料のWi-Fiに自動で接続するのって危険じゃないの?」と思う人も多いと思います。

そこで今回は、タウンWiFiアプリを使う上での危険性と評判について解説していきます。

タウンWiFiアプリのアイコン

価格: 無料


ジャンル:ネットワーク


★5段階評価:★★★★☆



スポンサーリンク


危険性①:通信を盗み見される可能性がある

このアプリの危険性というよりは、公衆の無料Wi-Fiを利用する時の危険性になるのですが、タウンWiFiアプリで自動接続できるWi-Fiには暗号化されていないアクセスポイントがたくさんあります。

例えば、この画像はマクドナルドと7SPOTのプロファイルなのですが、どちらも「暗号化:なし」です。

IMG_8736

つまり、SSLなどで通信自体が暗号化されているもの以外は盗み見される可能性があるということです。

ですので、大事なデータをブラウザで入力するのは、そのサイトのURLが「https」ではじまり、「鍵マーク」が付くサイトだけにしましょう。

IMG_9128

IMG_9127

自動接続できるのはとっても便利ですが、このような危険性もあるということを気にしておいてください。

危険性②:アプリを削除してもプロファイルが残る

タウンWiFiはアプリを削除(アンインストール)しても、構成プロファイルはそのまま残ってしまいます。

どういうことかというと、例えばこの画像はアプリをアンインストールした後の構成プロファイルの画面なのですが、タウンWiFiから追加したプロファイルが全て残ってしまっています。

IMG_8737

ですので、アプリをアンインストールする前にアプリから自動接続をOFFにするか、プロファイルを自分で削除する必要があります。

危険性③:Wi-Fi提供者の利用規約を見落とす可能性がある

タウンWiFiは自動接続を追加する時に各Wi-Fi提供者の利用規約は表示されません。

ですので、自らWi-Fi提供者の利用規約を確認しに行かなければ、利用規約を見落としたままサービスを利用することになり、最悪の場合規約違反を犯してしまう可能性もあります。

例えば、こちらは7SPOT利用規約の第1条(会員資格)の一部を引用したものです。

当社らは、本規約に同意し、本サービスの会員として会員登録を完了したお客様(以下、「7SPOT会員」と言います)および提携する他のサービス(以下、「提携サービス」と言います)の会員で当該提携サービスに登録した会員の情報を本サービスに提供して登録したお客様(以下「提携サービス会員」と言い、7SPOT会員と提携サービス会員を総称して以下、「利用者」と言います)に対して、本サービスを利用する資格を付与します。

引用元:7SPOT利用規約

この規約を簡単に要約すると「利用規約に同意して会員登録を完了した人だけ7SPOTを利用できる」ということになります。

ところが、タウンWiFiを使って自動接続をすると、会員登録をしていなくても7SPOTに接続できてしまうため、利用規約を確認せずに会員登録をしていない人は、会員資格がないのに7SPOTを利用することになります。

このようなことにならないように、利用する前に各Wi-Fiの利用規約を必ず確認しましょう。

 

タウンWiFiの利用規約の中でも、利用したいWiFiの利用規約を確認の上利用するよう明記されています。

IMG_9130

 

タウンWiFiの評判は?

ネットで評判を見ていると、大きく以下の3つの声が多いです。

  • 認証の煩わしさがなくなって便利
  • LINEで問い合わせたら対応が迅速だった
  • Android版の接続先が少ない

認証の煩わしさがなくなるのは、私も本当に便利だと思います。

例えば東京メトロの無料Wi-Fiは、認証が不要の自動接続のおかげで、地下鉄が駅で停車したほんのわずかな時間でも使えるようになりました。

LINEでの問い合わせは、私は利用したことがないのですが、対応が迅速だったという評判が結構あったので、何かあった時の対応が素晴らしいのだと思います。

公式サイトを確認したところ、LINE以外にもツイッター、Facebookのアカウントがあるみたいです。

Android版の接続先はiOS版の接続先に比べてまだ少ないみたいですね。Google Playのレビューでもこの件についての書き込みが多いです。

でもこればっかりは期待を込めて待つしかないですよね・・・。

 

タウンWiFiの危険性と評判については以上になります。

公衆の無料Wi-Fiは今後も増えていくと思いますので、暗号化の問題はありますが、「利便性を選ぶか安全性を選ぶか」をしっかり考えて、上手く利用していけばいいのかなぁと個人的には思っています。

ちなみに私は、利便性を選んで公衆の無料Wi-Fiを気にせず使っています。

なので、このアプリはかなり便利に使わせてもらっています。


スポンサーリンク


■関連記事

⇒ タウンWiFiの使い方~街中のWiFiに自動接続できるアプリ~

⇒ タウンWiFiアプリでWi-Fiに繋がらない場合の対処方法

⇒ タウンWi-Fiアプリのプロファイル削除方法と再インストール方法

best

≫1位:SNOW(スノー)アプリの使い方~犬のやり方を画像付きで解説~

≫2位:私のトリセツの使い方~診断もできるトリセツメーカーアプリ~

≫3位:Snapchatの使い方~犬のエフェクトのやり方を画像付き解説~

≫4位:LINE MUSIC無料期間の確認方法!期限後は自動で課金される?

≫5位:LINEでブロックされているか確認する方法

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL