Life360で位置情報をオフにした時の相手側の見え方・通知


Life360で位置情報(GPS)をオフにした場合の相手側の見え方を紹介していきます。また、位置情報をオフにしている間の自分の場所がばれるのか?についても解説していきます。

なお自分や相手ががiPhone・Androidのどちらでも同じ結果になります。

位置情報をオフにした時の相手側の見え方

相手の画面

自分が位置情報をオフにすると、以下の画像のように相手側の画面には「位置情報許可がオフ」の警告が表示されアイコンがグレー色になります。また位置情報をオフにした時刻も表示されます。

通知・メッセージは?

位置情報をオフにしても相手側に通知やメッセージが届くことはありません。

位置情報をオフにしている間の自分の場所はばれる?

結論から言うと、位置情報をオフにしている間の自分の場所がばれることはありません。

具体的には以下の2段階の挙動になります。

段階①:位置情報をオンにするまではずっと同じ位置

位置情報をオンにするまでは、行動履歴ではずっとオフにした場所にいることになります。(※ただしアイコンはグレーで「位置情報許可がオフ」の警告は表示されます。)

段階②:位置情報をオンに戻した場合

位置情報をオンに戻すと、オフ・オンにした場所の2点が直線で結ばれます。ですのでオフにしている間にどこにいたかは相手にばれることはありません。

結論

自分で設定を変更して位置情報をオフにしたことは相手に確実にばれますが、オフにしている間の場所がばれることは絶対にありません。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。