POOLが落ちる・開かない時の対処法【iOS14】


写真アプリのPOOL(プール)が開かない時に対処法を紹介します。

iPhoneをiOS14にアップデートすると、POOLを起動した時に必ず落ちるようになってしまいましたが回避策がありますので解説していきます。

POOLが落ちる時の対処法

手順①:写真のアクセス許可を設定

まずは設定アプリを開いて、下のほうにある「POOL」をタップしてください。

「写真」をタップします。

「選択した写真」を選択してください。(※「すべての写真」を選択してしまうとバグで必ず落ちます)

アクセスを許可したい写真を選択して「完了」をタップします。

手順②:POOLアプリを起動

POOLアプリを起動時にポップアップが出るので「現在の選択項目を保持」を選択すればアプリを開くことができます。

アクセスを許可する写真を追加したい時

アプリからアクセスできる写真を追加したい時は、設定アプリに戻って「選択した写真を編集」を開けば再選択できます。

開けるうちに写真をiPhone本体に戻しておいたほうがいいです

iOS14で動かすと不具合があるみたいなので、アプリを開けるうちに大事な写真だけでもiPhone本体に戻しておくのをおすすめします。やり方は以下の記事で紹介しています。

POOLの写真をカメラロールに戻す方法。一気に戻す方法は存在する?

修正版アプリが出るまでの一時的な回避策です

ここまでの手順でアプリを開けるようにはなりますが、修正版アプリがリリースされるまでの一時的な回避策だと思っておいてください。

本来は設定アプリで「すべての写真」を設定するのが一番便利に使えるのですが、iOS14にはまだ対応できていないみたいで必ずアプリが落ちます・・・。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。