リンクをコピーとは?具体例で分かりやすく解説【Androidスマホ】


Androidスマホの「リンクをコピー」の意味を解説します。

例を挙げて具体的に何ができるのかも紹介していきますので参考にご覧ください。

リンクをコピーとは?

リンクというのは「https://」で始まるURLのことです。

例えばスマホ版のYahoo! JAPANは「https://m.yahoo.co.jp/」がリンクになります。

仮にこのリンクを誰かに教えるとしたら

例えばこのリンクをLINEで誰かに教える場合、1文字ずつ入力していては大変ですし誤字・脱字も発生しやすいです。

そんな場合に「リンクをコピー」を実行すれば「https://m.yahoo.co.jp/」というリンク(文字列)をスマホが記憶してくれて、LINE(メモ帳やメールなどどこでも可能です)に簡単に貼り付けできるようになります。

具体的にはこんな動きになります

以下の画像はGoogleアプリでYahoo! JAPANを開いている状態です。この状態で「︙」をタップします。

 

「リンクをコピー」をタップすればスマホがYahoo! JAPANのリンクを記憶してくれます。この時点ではあくまで記憶してくれるだけなので、次の手順の「貼り付け操作」をする必要があります。

貼り付け操作

リンクを貼り付けたい場所を長押しします。文字を入力できる場所ならどこでもできます。

 

吹き出しが表示されるので「貼り付け」をタップします。

 

コピーしておいたリンクが貼り付けられました。これをするための機能が「リンクをコピー」になります。

まとめ

以上のように、どこかにリンクを貼り付けるためにいったんスマホに記憶させる操作が「リンクをコピー」になります。

他のアプリだと「リンクアドレスをコピー」「URLをコピー」などという名称の場合もありますが、どれも同じ機能ですので長押しすれば貼り付けることができます。

「●●をコピー」という機能があったら、その後にどこかで長押しすれば貼り付けられると覚えておくといいですよ!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。