【インスタグラム】ブロックされるとどうなる?自分がブロックされたか確認する確実な方法


インスタグラム(Instagram)でブロックされたらどうなるのかを紹介します。

インスタグラムで相手に自分がブロックされると、画面表示でブロックされたことが100%分かる方法が4項目ありますので、今回はすべて解説していきます。

インスタグラムで自分がブロックされたことを確認できる4項目【iPhone、Android共通】

確認項目①:自分の付けた「いいね」が消える

自分がブロックされると、ブロックされた相手の投稿に付けた過去の「いいね」が全て消えます。

確認方法は、画面右下の「人型のボタン」→「三本線」→「設定」をタップします。

 

設定画面が開くので、さらに『アカウント』→『「いいね!」した投稿』の順にタップします。

 

「いいね!」画面で、ブロックされた相手に過去に付けていた「いいね」が消えていることを確認できます。


スポンサーリンク

確認項目②:検索結果にブロックされた相手が表示されなくなる

ブロックされると、ブロックされた相手のID(ユーザーネーム)を検索しても、検索結果に表示されなくなります。

確認するには、画面下の『虫眼鏡』をタップしてから、画面上部の検索エリアに相手のIDを入力して検索します。

 

ブロックされている場合、相手のIDで検索しても「一致する結果はありませんでした」と表示されて、結果に表示されなくなります。

確認項目③:ブロックされた相手とのDMが消える

ブロックされると、その相手との過去のDMが消えます。

確認するには、ホーム画面の『メッセージボタン』をタップします。

 

DM画面が開いたら、上から下にスワイプして1度画面を更新してください。

【重要】開いただけでは画面の情報が古い時があるので、必ずスワイプして更新してください。

 

ブロックされた相手との過去のDMが、一覧から消えています。

確認方法④:フォローリスト、フォロワーリストの両方から消える

ブロックされると、フォローリスト&フォロワーリストの両方から相手が消えます。※必ず両方から消えます

確認するには、画面右下の「人型のアイコン」→「フォロワー」の順にタップします。

 

フォロワー一覧から、ブロックされた相手が消えます。

 

『フォロー中』をタップすると、同様に一覧から相手が消えます。

まとめ

今回は、ブロックされたことが確実に分かる4項目を紹介しました。

どれか1項目というよりは、4項目とも全て確認するのが一番確実です。(たいした手間ではないので)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。