AbemaTVの「k」や「m」とは?視聴者数の単位について解説


AbemaTV(アベマTV)を視聴していると「k」や「m」などの単位をよく見かけます?

そこで今回は、mやkとは何か?についてと、視聴者数の単位を解説していきます。

AbemaTVの「k」や「m」とは?

「k」と「m」は視聴者数の単位のことで、以下の意味があります。

視聴者数の単位

  • k → 1000(千)を意味します。(「キロ」の略)
  • m → 1000000(百万)を意味します。(「ミリオン」の略)

 

例えばこちらの画像は2019年6月22日の視聴者数ランキングです。

1位の「11.3m」は、11.3×1000000=11300000人(1130万人)が視聴したことになります。

那須川天心さんと亀田興毅さんの注目されていたボクシングの試合のため、かなりの視聴者数となりました。

2位の「828.3k」は、828.3×1000=828300人(82万8300人)の視聴者数という見方になります。

リアルタイム視聴者数ではないので注意を

視聴者数は現時点で視聴しているリアルタイム視聴者数ではなく、放送開始から現時点までの総視聴者数になります。

ですので、放送時間が長い番組の視聴者数は多くなる傾向があります。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。