【LINE】QRコードの送り方!Twitterやインスタなどの外部アプリで送る方法


LINE(ライン)のQRコードの送り方を紹介します。

Twitterやインスタなどの他のアプリでLINEのQRコードを簡単に送る方法を解説していきます。

LINEでTwitterなどの外部アプリにQRコードを送る方法【iPhone、Android共通】

まずは「ホーム()」→「友達追加ボタン」→「QRコード」の順にタップします。

 

QRコードリーダーが起動するので、『マイQRコード』をタップします。

 

マイQRコード画面で『下向き矢印ボタン』をタップします。

 

メニューが表示されるので『端末に保存』をタップすれば、端末のカメラロールやギャラリーにQRコードが画像として保存されます。

保存したQRコードを外部アプリで送信する

Twitterとインスタグラムを例として送り方を解説していきます。

【例1】TwitterでLINEのQRコードを送る方法

TwitterのDMで送る場合は、送りたい相手のユーザーページの『DMボタン』をタップしてダイレクトメッセージ新規作成画面を開きます。

 

新しいメッセージ画面が開くので『ギャラリーボタン』をタップします。

 

保存したQRコード画像をタップします。

 

メッセージを書いてから『送信ボタン』をタップすればQRコードを送信できます。(DMの画面で説明しましたが、新規ツイートやリプの場合もギャラリーボタンからQRコード画像を添付できます。)

【例2】インスタグラムでLINEのQRコードを送る方法

インスタグラムのDMで送るには、送りたい相手のユーザーページを開いて『・・・(メニューボタン)』をタップします。

 

メニューが表示されるので『メッセージを送信』をタップします。

 

メッセージ送信画面が開くので『ギャラリーボタン』をタップします。

 

保存しておいたQRコード画像を選択してから『送信』をタップすれば送信完了です。

まとめ

外部アプリでQRコードを送る方法として、Twitterとインスタを例として解説してきましたが、保存した画像を添付して送信できるアプリ(メール、SMSを含む)ならどれでもこの方法で送ることができます。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。