【Twitter】ツイートを後から編集・修正する方法は?追記・訂正するやり方を紹介!


「Twitter(ツイッター)でツイートを後から編集・修正する方法ってないのかな?」という疑問にお答えしていきます。

また、ツイートに後からタグ付けなどの追記や訂正するテクニックを合わせて紹介していきます。

Twitterでツイートを後から編集・修正できる?

ツイート自体を編集・修正することはできませんが、以下で紹介するようにスレッドを使って追記や訂正をする方法が存在します。

方法①:スレッドを使って追記・訂正する

まずは追記・訂正したいツイートの『吹き出しアイコン(リプライボタン)』をタップします。

 

リプライ(返信)画面が起動するので、このように追記したい文字を入力してから『ツイート』をタップします。(今回はタグ付けを追記してみました)

 

このように、元のツイートと追記したツイートがセットになってタイムラインに流れるようになります。(この状態を「スレッド」と呼びます)

他の人のタイムライン上でも2つのツイートはセットになって流れるので、追記も同時に見てもらいたい場合に使えるテクニックになります。

 

また、スレッドは何個でもつなげていけるので、同様のやり方で何回でも追記訂正ができます。

方法②:元のツイートを削除して再ツイート

ちょっとした追記や訂正ぐらいの編集なら、上で紹介したスレッドを使う方法で問題ありませんが、重要なミスをしてしまったツイート(紹介するURLを間違えてしまったなど)を編集する場合は、元のツイートを削除してから再ツイートするしかありません。

ツイートを削除するには、削除したいツイートの右上の『下向きのボタン』をタップします。

 

『ツイートを削除』をタップすれば元のツイートが削除されるので、再度修正した文章をツイートしてください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。