Twitterで「ユーザー情報を読み込めません。しばらくしてからもう一度お試しください。」が出る原因


Twitter(ツイッター)で「ユーザー情報を読み込めません。しばらくしてからもう一度お試しください。」の表示が出る原因を紹介します。

「ブロックされてる?」という疑問にもお答えしていきます。

このエラーが出る原因

このエラーは、アカウントを削除したユーザーのページを開こうとした時に表示されます。

本当にアカウントが削除されているか確認するには?

SafariやChromeなどのブラウザでURLを直接入力すればアカウントが削除されているか確認できます。

TwitterのURLは、

https://twitter.com/ユーザーID

という形式になっているので、ユーザーID(@マーク以降の文字列)を書き換えてブラウザで開いてください。

アカウント削除中の表示

URLを開くと、アカウントが削除されている場合は「このアカウントは存在しません」と表示されます。

ブロックされている可能性は?

このエラーが出てもブロックされている可能性は絶対にありません。

なぜ言い切れるかというと、ブロックされている場合はエラーが出ることはなく、以下の画像のように相手のユーザーページを開くことはでき、「ブロックされているためツイートを表示されません。」という警告が必ず表示されるからです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA