Twitter「このブラウザは現在サポートされていません。」の原因と対処法【iPhone/iPad/Safari】


最近になってSafariなどのブラウザでTwitterの公式サイトを開くと「このブラウザは現在サポートされていません。」のエラーが出るようになりました。

このエラーにはちゃんとした原因がありますので、対処法と合わせて解説していきます。

「このブラウザは現在サポートされていません」が出る理由

このエラーが出るのは、iPhone・iPadのiOSのバージョンが古いからです。

2021年1月29日から、古いiOSのSafariからはTwitterの公式サイトを開けないようになりました。

対処法

以下の2つの対処法を実施してください。

対処法①:iOSのバージョン確認・アップデート

iPhoneの設定アプリを開いて「一般」→「情報」の順にタップします。

 

『システムバージョン(または「バージョン」)』の左2桁がiOSバージョンになります。この数値が12以上であることを確認してください。古い場合は以下の手順で最新バージョンにアップデートしてください。

アップデート手順

「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」の順にタップします。

 

「ダウンロードしてインストール」をタップすればインストールできます。

最新なのにiOSバージョンが古い場合
この画面で「最新」と表示されるのにiOSバージョンが古い場合(iOS9、iOS10、iOS11など)は、その機種が古すぎてアップデート対象外ということなので、新しい機種に買い替えない限りTwitterを見ることはできません。

 

対処法②:Twitterアプリをインストールする

Safariからエラーが出る場合でも、Twitterアプリをインストールすれば見れますので、以下のボタンからインストールしてください。

>> Twitterアプリのインストールはこちらから

 

「互換性がありません」と表示される場合

「互換性がありません」のエラーが出てアプリをインストールできない場合は、機種が古過ぎてアプリをインストールできないということなので、新しい機種に買い替えない限りTwitterを見ることはできません。

まとめ

iOSのバージョンが古いことが原因なので、アップデートできるのであればすぐに解決できます。

ただし、アップデートもできず、アプリもインストールできないとなると、機種が古過ぎるので買い替えない限り絶対に解決できません。

また機種が古い場合は、Twitterを見れないだけでなく、今後他のアプリも対象外でインストールできなくなっていきますので、機種の買い替えを検討してみてください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。