Twitterのブックマークが消えない・復活するバグで唯一削除できた方法


Twitterでブックマークを削除しているのに消えない(消しても復活する)バグが一部のユーザーの間で発生しています。

ツイッターの「ツイートをブックマークから削除」を押しても「申し訳ありません。問題が発生しました。」のエラーが出たり、削除できても復活するなどが主な症状です。

ネットでは以下の対処法が紹介されていますが・・・

  • アプリの再インストール
  • アプリの再起動
  • キャッシュの削除
  • PC版・ブラウザ版から削除
  • TL・元ツイートから再追加してから削除

「これ全部試しても削除できないんですけど!?」という人も多いのではないでしょうか?(私がそうです・・・)

そこで今回は、バグが発生しても私が唯一削除に成功した方法を紹介しますので、最終手段として試してみてください。

唯一削除できた方法(あくまで最終手段)

画面左上の「プロフィールアイコン」→「ブックマーク」の順にタップします。

 

「・・・」をタップします。

 

※以降の手順を実行するとブックマークが全て削除されます。
「保存を全て削除」をタップして「よろしいですか?」の問いに「はい」をタップすればブックマークが全て削除されてしまいますが、ブックマークが消えないバグもこれで直ります。

なぜ最終手段?

ブックマークが消えないバグが直ることは直るのですが、削除したくないブックマークまですべて削除することになるので、この方法はあくまで最終手段としてどうしても削除したい時に使ってください。

もちろんブックマークが少なくて全て削除しても構わないというならぜんぜんOKですが。

今後どうすればいい?

一括で削除する方法を使えばバグは直るのですが、残しておきたいブックマークもあると思いますので毎回この方法を使うわけにはいきません。

ですので、ツイッターの障害修正のアップデートを待ちつつ、現状のままブックマークを使っていくしかないです。

幸いにも登録は正常にできるので、削除できないブックマークが貯まって邪魔にはなりますが機能としてはなんとか使えます。

もし何か情報がありましたらコメント欄で教えていただければ幸いです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。