インスタを一時停止できない2つの原因と対処法


Instagramでアカウントを一時停止できない場合の対処法を紹介します。

インスタを一時停止できない原因は2つ考えられますので、順番に解説していきます。

原因①:アプリで開いてしまっている

アカウントの一時停止はウェブ版(ブラウザ版)のみ設定できます。アプリでプロフィールを編集画面を開いたとしても「アカウントを一時定期に停止する」の項目が表示されないようになっています。

ブラウザの一時停止画面

対処法

ブラウザでウェブ版インスタのプロフィールを編集画面を開けば一時停止の設定項目が表示されます。

以下のボタンからウェブ版インスタのプロフィールを編集画面に飛べます。

ウェブ版のインスタへ

※アプリが開いてしまう場合は、このボタンを「長押し」→「新規タブで開く」

プロフィールを編集画面の一番下の「アカウントを一時的に停止する」をタップして、開いた画面の指示通りに入力すれば一時停止できます。

一時停止にする

原因②:前回一時停止してから時間が経っていない

インスタのアカウントを一時停止できる回数は1週間に1回だけという制限があります。もし1週間に2回目の一時停止を実行しようとすると以下の画像のように「アカウントを停止できるのは1週間に1回までです。数日待ってからもう一度実行してください。」のエラーが表示されます。

エラー画面

対処法

前回の停止から1週間(7日以上)空けてから再度一時停止を試してください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。