iPhoneの着信履歴をパソコンなしで復元する方法の誤解、復元できない理由【2022年最新】


iPhoneやiPadから削除してしまった着信履歴の復元方法として、

  • ①PCに接続してiTunes経由で復元
  • ②PC無しでiCloudのバックアップから復元

という2つの方法をネットでよく見かけると思います。

PC無しで復元したい人は②の方法を試そうか考えると思いますが、実は最新のiOSでは②のiCloudのバックアップから着信履歴を復元する方法は絶対に不可能ですので、その理由を簡単に解説していきます。

なぜiCloudのバックアップからの復元は不可能なの?

理由はものすごく単純で、最新のiOS15(正確にはiOS11以降)では通話履歴はiCloudのバックアップの対象ではないからです。

この件については、Appleサポートにも以下のように記述されています。


 
 
一部の情報は iCloud バックアップの対象にはなりませんが、iCloud に追加し、複数のデバイスで共有できます (メール、ヘルスケアデータ、通話履歴、iCloud Drive に保存されているファイルなど)。

分かりやすく言い換えると、

  • ①通話履歴はiCloud バックアップの対象にはなりません。
  • ②iCloudに追加して複数のデバイスで共有することならできます。

と書かれています。

②のほうに「iCloud に追加し」と書かれているので勘違いしやすいのですが、この場合の「iCloud」はバックアップを作成するために使われるわけではなく、複数のデバイスで共有するために使われるという意味になります。

つまり、ある時点の通話履歴をバックアップしておける仕組みではないということになります。

不安な場合はAppleサポートに「通話履歴はiCloudバックアップの対象ですか?」と問い合わせるのが一番良いと思います。詳しくはAppleサポートの問い合わせ方法【チャット・電話】をご覧ください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。