【iPhone/iPad】iOS(ソフトウェア)のバージョンを確認する方法


iPhoneやiPadのiOS(システムソフトウェア)のバージョンを確認する方法を紹介します。

アプリが非対応でインストールできなかったり、新機能が動作しない場合は、今回紹介する方法でiOSのバージョンが古くないか確認する必要があります。

iOSのバージョン確認方法

まずはホーム画面の設定アプリを開いて『一般』をタップします。

 

さらに『情報』をタップします。

 

開いた画面の『システムバージョン』がiOSのバージョンになります。

iOSのメジャーバージョンはチェックしておきましょう

iOSのバージョンの上位2桁をメジャーバージョンと言います。

例:バージョンが「13.1.2」の場合は、メジャーバージョンは上位2桁の「13」。略して「iOS13」と呼ばれることが多いです。

システムに大幅な変更があった場合に、メジャーバージョンは上がります。

 

このメジャーバージョンですが、機種が古すぎると最新バージョンにアップデートできなくなるので注意が必要です。

例えば、この記事を書いている時点で最新のiOS13はiPhone5Sでは非対応のためアップデートできなくなりました。

古いiOSのままだと、アプリが非対応で使えなくなったり、セキュリティ面でのリスクがあります。

リリースされている最新のiOSのバージョンよりかなり古くなっていないか、メジャーバージョンだけは最低でもチェックしておくようにしましょう。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。