LINEの送信取り消しを復元して見る方法【2022年最新の裏ワザ】


LINEはトークで送信したメッセージを24時間以内なら送信取り消しすることができます。

相手から送信取り消しされると、自分側のメッセージも削除されて見れなくなりますが、今回紹介する方法を使えば送信取り消しされた後でもメッセージを復元して見ることができます。

送信取り消しされたメッセージを復元して見る方法

手順①:アプリをインストールする

まずは「のぞきみ()」というアプリを以下のリンクからインストールしてください。

「のぞきみ」をインストール

アプリの初回起動時だけ「ご利用には設定が必要です」の表示が出るので「設定する」をタップします。

 

スマホの設定画面が開くので「のぞきみ」をタップして「通知へのアクセスを許可」をONにします。

 

のぞきみアプリに戻って「了解しました」をタップしてください。

手順②:送信取り消しされたメッセージを見る

のぞきみアプリをインストールしたら、誰かに送信取り消しされるまでは放置でいいので、普通にスマホやLINEを使っていてください。

 

誰かに送信取り消しされたら、のぞきみアプリのトークルームを開きます。

 

送信取り消しされる前のメッセージを復元して見ることができます。(※正確に言うと、のぞきみアプリ側のメッセージは送信取り消しされても削除されないので残ったままとなります)

のぞきみにメッセージが残らない場合

のぞきみアプリは、LINEの通知を保存しておく仕組みなので、のぞきみで見たいトークルームのLINEの通知は必ずONにしておいてください。

まとめ

のぞきみアプリは、既読を付けずにメッセージを読むためにも使えますので、インストールしておくと便利です。

iPhone版アプリは今のところなく、Android専用アプリとなります。

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。