LINEの送信取り消し方法、通知・相手側の見え方も解説


LINEで自分が送ったメッセージを送信取り消しする方法を紹介します。

また、送信取り消しした時の相手側の見え方、通知がどうなるのかも合わせて解説していきます。

送信取り消し方法

送信を取り消したいメッセージを長押しします。

 

メニューの中から「送信取消」をタップします。

 

「メッセージの送信を取り消しました」の表示に変われば取り消しは完了です。

相手側の通知はどうなる?

以下の画像は左が送信取り消し前、右が送信取り消し後です。

送信を取り消したメッセージの通知は相手側から消えて、相手は見ることができなくなります。

相手側の画面はどうなる?

取り消したメッセージだけ「〇〇がメッセージの送信を取り消しました」の表示に変わります。

既読が付いた後でも送信取り消しできる?

既読が付いた後でも送信取り消しは可能です。

ただし既読が付いたということは相手が一度はメッセージを見たということなので、「なんで取り消したんだろ?」と疑問に思われる可能性もあります。

送信取り消しできないパターンもあります

送信取り消しができるのは送信後24時間以内というルールがあります。

24時間を超えると「送信取消」の項目が表示されず、取り消すことができなくなります。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。