Siriが勝手に起動する・すぐ起動する時の3つの対処法


iPhone・iPadでSiriが勝手に起動する時の対処法を紹介します。

「ロック中やiPhoneを操作していない時でもSiriが勝手に起動するから困る・・・」という疑問にお答えしていきます。

Siriが勝手に起動する時の対処法

対処法①:ロック中のSiriの起動をOFFにする

ロック画面中はSiriが使えなくても良い場合は、以下の手順で設定をOFFにしてしまえば勝手に起動することを防げます。

設定手順

「設定」→「Siriと検索」の順にタップします。

 

「ロック中にSiriを許可」のスイッチをOFF(白色)にすれば、ロック画面中はSiriが絶対に起動しないようになります。

対処法②:「Hey Siri」からの起動をOFFにする

Siriの起動する方法の1つに、「Hey Siri」とiPhoneに話しかけて起動する方法があります。

この起動方法を有効にしておくと、会話などの音声を「Hey Siri」と誤認識してSiriが勝手に起動してしまうことがあるので、以下の設定手順でOFFにすることができます。

設定手順

「設定」→「Siriと検索」の順にタップします。

 

「”Hey Siri”を聞き取る」のスイッチをOFF(白色)にすれば設定完了です。

対処法③:Siriの機能を完全に無効にしてしまう

そもそもSiriを使わない人は、以下の手順でSiriの機能自体を無効にして絶対に起動しないようにすることもできます。

設定手順

「設定」→「Siriと検索」の順にタップします。

 

「”Hey Siri”を聞き取る」「ホームボタンを押してSiriを使用」の両方をOFF(白色)にしてください。(※ホームボタンが無いiPhoneは「サイドボタンを押してSiriを使用」をOFF)

 

「Siriをオフにする」をタップすれば、Siriを完全に無効にできます。

Siriを使いたくなった時は?

Siriを無効にしたけどやっぱり使いたくなった時は、OFFにした2つのスイッチのどちらかをONに戻してください。

 

「Siriを有効にする」をタップすれば、Siriを使えるようになります。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA