【Twitter】「このツイートはありません」がリプに表示される4つの意味


Twitterの「このツイートはありません」エラーがどういう意味なのかを紹介します。

「このツイートはありません」がツイッターのリプライ(返信)に表示される原因は全部で4つありますので、順番に解説していきます。

原因①:リプの相手が鍵垢

鍵垢(非公開アカウント)の人がいると、その人のリプだけは「このツイートはありません」と表示され見ることはできません。

さらにリプがある場合のみ誰のリプか特定できます

「このツイートはありません」に対して、さらに他の人のリプがある場合はタップします。

 

開いた画面で返信先の右側のユーザー名をタップすれば、誰のリプであるかを確認できます。なおリプの内容は非公開ですので見ることはできません。

原因②:キーワードミュートを含むリプの場合

キーワードミュートに設定した単語を含むリプは「このツイートはありません」と表示されます。

ミュート中のキーワードは、画面左上の「プロフィールアイコン」→「設定とプライバシー」→「コンテンツ設定」→「ミュート」→「ミュートしたキーワード」で確認できます。

アカウントミュートの場合は別の表示

キーワードミュートではなく、アカウントミュートでユーザー自体をミュートにしている場合は、リプが「このツイートは、送信者をミュートしているため表示できません。」の表示になります。『表示』をタップすれば内容を見ることもできます。

原因③:相手からブロックされている人のリプの場合

相手からブロックされている場合、その人のリプは「このツイートはありません」と表示されます。

逆に自分が相手をブロックしている場合は別の表示

自分が相手をブロックしているだけの場合は「このツイートは、ブロックしているアカウントから送られたツイートであるため表示できません。」の表示になり、『表示』をタップすれば内容を見ることができます。

原因④:リプの削除(アカウント削除も同様)

リプを削除した場合も「このツイートはありません」の表示になります。リプした人がアカウントを削除した場合も同様です。

まとめ

その他にもバグやリプの内容が規約に引っかかっているなど考えられますが、この表示が出る場合はリプの内容を確認できませんので推測の域を出ないです。

ですので、実際に操作で確認できる今回紹介した4つの原因をまず考慮するのが妥当です。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。