【Twitter】DMでステッカーを送れない!ボタンが消えた原因と対処法


最近になってツイッターのDM画面からステッカーボタン(スマイルのアイコン)が消えたので、ステッカーを送れないという人が増えています。

そこで今回は、TwitterのDMからボタンが消えた原因と、ステッカーを送れない場合の対処法を紹介していきます。

DM画面からステッカーボタンが消えた理由

ステッカーボタンが消えた理由は、Twitterのアップデートによる仕様変更のためです。

ですので最新の環境ではDMでステッカーを単体で送れなくなりました。

対処法①:代わりにGIF画像を使う

DM画面で『GIFボタン』をタップすればGIF画像を選択して送信できます。ステッカーとまったく同じ画像ではありませんが、LINEのスタンプのように使えるのでステッカーの代用になります。

対処法②:画像にスタンプを貼り付ける

最新のツイッターでも画像にはスタンプを貼ることができるので、それでも構わないという人は以下の手順でスタンプを貼るという方法もあります。

 

まずはDM画面で『画像選択ボタン』をタップします。

 

画像一覧画面で画像を長押しします。

 

画像の編集画面に切り替わるので『ステッカーボタン』をタップします。

 

ステッカーを選択すれば、画像の上にならステッカーを貼ることができます。

まとめ

DMではステッカー単体を送ることはできなくなりましたが、LINEのスタンプのように使っていた人が大半だと思いますので、対処法①で紹介したGIF画像で代用する方法で十分なのかなと思います。

対処法②はどうしてもステッカーを送りたい人向けに考えましたが、画像にわざわざ貼り付けるのは用途が違う気がするのと、単純にめんどくさいのであまりおすすめしません。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。