【Twitter】キーワードミュートが効かないパターンと対処法


Twitterでキーワードミュートが効かないパターンとその対処法を紹介します。

ツイッターには見たくない単語を含むツイートをタイムラインや通知に表示しない「キーワードミュート」の機能が存在します。

この機能には少しクセがあって、キーワードを設定してもミュートされないパターンがありますので解説していきます。

パターン①:単語単位でキーワードを設定していない

キーワードミュートは単語単位で設定する必要があります。

分かりやすいように、まずは以下の例を見てください。

例:「クリスマス」をキーワードミュートに設定した場合

  • ①「クリスマス」を含むツイート ⇒ ミュートされる
  • ②「メリークリスマス」を含むツイート ⇒ ミュートされない

 

分かりにくいのは②の「メリークリスマス」がミュートされないことだと思います。

ツイッターでは「クリスマス」と「メリークリスマス」は完全に別単語として扱われます。

ですので、メリークリスマスの中にクリスマスという文字は含まれていますが、別単語なのでミュートはされません。

仮に「メリー」をキーワードミュートに設定したとしても、メリークリスマスは別単語なのでミュートされません。

対処法

対処法としては、「クリスマス」と「メリークリスマス」の2つをキーワードミュートに登録することです。

英語の場合も単語単位で

英語の場合も同様で、例えば「information」を含むツイートをミュートにしたい場合に「info」「mation」「in」をキーワードミュートに設定しただけではミュートされません。

必ず単語単位で完全一致する「information」を設定しておく必要があります。

パターン②:外部サービスの引用元にはミュートが効かない

YouTubeやインスタグラム・ブログなどの外部サービスを引用したツイートの場合、引用元の文字にはキーワードミュートは効きません。

例えば下の画像はYouTubeの動画を引用したツイートですが、キーワードミュートに「BGM」「作業用BGM」「著作権フリー」が設定してあっても、引用元の文字には効かないのでミュートされません。

対処法

引用元へのミュートが効かないので完璧な対処法は存在しませんが、頻繁に見たくないフレーズを含むツイートをする人をアカウントミュートしてしまうなどの対処はできます。

パターン③:ミュート対象の設定が間違っている

キーワードミュートはミュート対象を設定することができます。

この設定が間違っていると(例えば「フォローしていないアカウント」のみが対象になっているなど)、キーワードを設定してあってもミュートされません。

画面左上の「プロフィールアイコン」→「設定とプライバシー」→「コンテンツ設定」→「ミュート」→「ミュートしたキーワード」→各キーワードをタップ の順でミュート対象の設定画面を開けますので、一度設定を見直してみてください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。