勝手にアプリに飛ぶ場合にWebブラウザで開く方法【iPhone、Androidスマホ】


最近のスマホはWebブラウザ(Safari・Chrome)でYouTubeやAmazon、インスタなどのURLをタップすると勝手にアプリに飛ぶようになっています。

記事の概要

便利といえば便利なのですが、アカウントの重要な設定はブラウザで開かないとできないサービスもあるので、ブラウザで開きたい時に困ってしまいます。

そこで今回は、iPhoneとAndroidスマホでアプリに飛ばないでブラウザで開く方法を紹介していきます。

方法①:リンクを長押しする

リンク(URL)を長押しして新規タブで開けばアプリに飛ばずにブラウザで開けます。

Safariの場合

まずは開きたいリンクを長押しします。

リンクを長押し

表示されたメニューの「新規タブで開く」をタップすればアプリに飛ばずにブラウザのまま開くことができます。

新規タブで開く

Chromeの場合

開きたいリンクを長押しします。

リンクを長押し

「新しいタブで開く」をタップします。

新しいタブで開く

画面下の「タブ切り替えアイコン(四角いアイコン)」をタップします。(※Android版は画面上部にあります。)

タブ切り替え

開きたいタブをタップすればアプリに飛ばずにブラウザのまま開けます。

タブを選択

方法②: URLをコピーして貼り付ける

メール内のリンクなどは、方法①の新規タブで開く方法が使えませんのでURLをブラウザに直接貼り付ける方法が有効です。

やり方は、まずリンクを長押しします。

リンクを長押し

表示されたメニューの「リンクをコピー」をタップします。(※アプリによっては「URLをコピー」と表記されることもありあす。)

SafariやChromeなどのブラウザを起動して、URLの部分をタップします。

URLをタップ

元々入っているURLを削除します。

URLを削除

空欄になった部分を長押しします。

URL入力エリアを長押し

「ペースト(貼り付け)」をタップします。

貼り付ける

コピーしておいたURLが貼り付けられるので、キーボードの「開く」をタップすればアプリに飛ばずにブラウザのまま開けます。

URLを開く

方法③:アプリをアンインストールする

単純な方法ですが、アプリを一時的にアンインストール(削除)してしまえば、ブラウザから確実に開けます。

【Android限定】方法④:設定でアプリからの起動を無効にする

Androidスマホ限定ですが、リンクを必ずブラウザで開くように設定できます。設定はアプリごとに必要なのでインスタを例にして手順を紹介していきます。

【手順】

1.Androidの「設定」を開く

2.「アプリと通知」をタップ

3.「Instagram」を探してタップ

4.「デフォルトで開く」をタップ

開いた画面で「対応リンクを開く」をタップします。

対応リンクを開く

「このアプリで開かない」を選択すれば設定は完了です。この設定をアプリごとに行ってください。

このアプリで開かないを選択





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。