【Twitter】DM(ダイレクトメッセージ)の削除方法。相手側も消えるのかについても解説


Twitter(ツイッター)でDM(ダイレクトメッセージ)を削除する方法を紹介します。

また、DMを削除した場合に相手側も消えるのかについても合わせて解説していきます。

TwitterのDMの削除方法【iPhone、Android共通】

まずはホーム画面の右下の『メッセージアイコン』をタップします。

 

DMの一覧が表示されるので、削除したいユーザーをタップします。

 

DM画面が開いたら、消したいメッセージを長押しします。

 

メニューが表示されるので『メッセージを削除』をタップします。

 

このように、長押しで選択したメッセージだけが削除されました。

その相手とのDMを一括で削除する方法

メッセージを個別に削除するのではなく、その相手とのDMを一括で削除する場合は、DM画面右上の『メニューボタン』をタップします。

 

開いた画面で『会話を削除』をタップします。

 

削除するか聞かれるので『削除』をタップすれば、DMが一括で削除されます。

TwitterでDMを削除すると相手側も消えるの?

結論から言うと、自分のスマホ側のDMを削除しても相手のスマホのDMは消えません。

相手がDMを見る前に自分側を削除したとしても、相手側にはずっと残り続けます。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。