Zoomで40分経つとどうなる?再接続や途中参加した場合も解説


ZOOM Cloud Meetingsはホストが無料プラン(ベーシック)の場合、3人以上のミーティングは40分までの時間制限があります。

そこで今回は

  • 40分以上経つとどうなる?
  • 通知は来る?
  • 再接続や途中参加の場合はどうなる?

といった疑問にお答えしていきます。

ホスト(主催者)が無料プランの場合

①3人以上の場合

ホスト(無料プラン)を含めて3人以上のミーティングの場合、40分経つと時間制限でミーティングは終了となり全員退出させられます。

終了後にホストの人には「有料プランに変更すれば時間制限を解除できます」という内容の画面が表示されますが「OK」を押して閉じて構いません。強制的に有料プランに変更されるわけではありません。

ホストには終了10分前に通知が来ます

ホストには終了10分前に以下の画像のような通知が来ます。「OK」を押して閉じてください。

再接続するとどうなる?

ホストがミーティングを終了して再度開始した場合は、時間制限がリセットされるので再接続してミーティングを再開してからさらに40分使うことができます。

途中参加したらどうなる?

途中参加した場合、3人以上になった瞬間から40分使うことができます。

1対1で30分ミーティングをしていたところに3人目が途中参加した場合、そこから40分(計70分)使えます。

 

②2人(1対1)の場合

1対1のミーティングの場合は、ホストが無料プランでも時間制限はありませんので、40分で切れることはありません。

ホスト(主催者)が有料プランの場合

ホストが有料プランの場合は、他の参加者が全員無料プランでも時間制限なく使うことができますので、40分で切れることはありません。

こちらの記事もどうぞ

Zoomが40分の時間制限で切れない・40分以上使える5つの理由 Zoomで40分経つとどうなる?再接続や途中参加した場合も解説




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。