Zoomが40分の時間制限で切れない・40分以上使える5つの理由


ZOOM Cloud Meetingsは、無料のベーシックプランの場合は「3人以上のミーティングは40分まで」という時間制限があります。

ですが、無料プランで3人以上のミーティングでも40分以上使えることがあります。

これにはちゃんとした理由がありますので「なぜか40分以上使えた」と疑問に感じている方は参考にご覧ください。

無料プランなのに40分以上使える5つの理由

理由①:40分の時間制限解除のギフトがプレゼントされた

40分を経過する頃に、ミーティングの主催者(ホスト)にだけ以下の画像のような時間制限解除のギフト画面が出ることがあります。この画面でホストが「大好きです!」を押せば無料プランでも40分以上使えるようになります。

理由②:スケジューリングで40分の時間制限を解除している

ミーティングを終了した時に、主催者(ホスト)にだけ以下の画像のような「サービス時間」がプレゼントされることがあります。ホストが「今すぐスケジューリング」をタップして次回のミーティングを設定すれば、そのミーティングは無料プランでも40分以上使えるようになります。

理由③:ホスト(主催者)が有料プランの場合

ミーティングのホスト(主催者)が有料プランの場合、他の参加者が全員無料プランでも40分以上使うことができます。

理由④:再接続した場合

ミーティングが40分で切れても、再度開始すれば0分からカウントされるのでさらに40分使えます。

「切断→再接続」を繰り返せば無料プランでも長時間使えます。

理由⑤:新型コロナウイルスに対する支援による時間制限解除

Zoomでは新型コロナウイルスを乗り越えるために、教育機関に対して40分の時間制限を解除する支援が実施されています。(※要申請)

教育機関のメールアドレスでアカウントを作成した場合も時間制限が解除されたりもするので、期間なども含めて詳細は公式サイトで確認してください。

教育機関以外も時間制限が解除されているという説も

教育機関以外のアカウントでも40分以上使えることがあるので、支援のため一時的に制限を解除してもらえているという説もあります。

あくまで説なので、あまりにもずっと40分以上使えるようでしたら一度問い合わせたほうがいいかもしれません。



40分以上使うと勝手に課金されることはある?

結論から言うと、40分以上経過したら勝手に課金されてしまうということは絶対にありません。

ミーティング時間に関する料金設定は、

  • 無料プラン(ベーシック)・・・3人以上は40分まで
  • 有料プラン(ベーシック以外)・・・24時間まで

の2択だけなので、使用した分だけ料金が発生する従量課金の制度はありません。また、40分を超過したら勝手に有料プランに切り替わるということもありません。

念のためプランを確認しておきましょう!

設定画面の名前の横にプラン名が表示されます。「ベーシック(無料プラン)」になっていれば課金はされていません。

こちらの記事もどうぞ

Zoomで時間制限(40分)を解除する5つの方法 Zoomで40分経つとどうなる?再接続や途中参加した場合も解説




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。