Windyアプリの使い方:台風の進路予想や天気、風速の見方を解説


Windyアプリのインストール方法と使い方を紹介します。

今回は、Windyを使った台風の進路予想・風速・天気予報の見方を中心に解説していきます。

Windyアプリのインストールと初期設定

Windyアプリは、以下のボタンをタップして開いたサイトからインストールできます。

>> iOS(iPhone、iPad)版のダウンロードはこちら

>> Android版のダウンロードはこちら

 

アプリを起動すると初期設定画面が開きます。風速の単位を『m/s』に変更してから『完了』をタップします。

 

位置情報の利用を聞かれる場合は『Appの使用中は許可』をタップします。

風速の見方

初期設定が終わるとすぐに風速と風の流れを確認できます。

風速は色で表現され、どの色が風速いくつなのかは下のバーで確認できます。(例えば紫色は風速20m/sぐらいなど)

台風の進路予想の見方

台風の進路予想を見るには、台風を画面内に表示した状態で画面下の『再生ボタン』をタップします。

何日か先までの時間ごとの進路が自動的に再生されます。

 

天気予報の見方

天気予報を見るには画面右下の『虫眼鏡(検索ボタン)』をタップします。

 

画面上部の検索窓に検索ワードを入力すると、検索候補が表示されるのでタップします。

 

このように検索した地域の天気予報が表示されます。日付をタップして切り替えることも可能です。

まとめ

今回紹介したのは最低限の使い方になります。

このアプリはかなり細かい精度で数値を見ることが可能なので、画面のいろいろな部分をタップして使いこなしてみてください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。