【NHKニュース防災アプリ】河川カメラの画像を見る方法。見れない場合の対処法も解説


NHKニュース防災アプリで河川カメラの画像を見る方法を紹介します。

河川カメラの画像は、台風や大雨による増水の危険を知るために必要な情報になります。


無料

NHK ニュース・防災

↓iPhone・iPad版のダウンロード

↓Android版のダウンロード

NHKニュース防災アプリで河川カメラの画像を見る方法

まずは画面下中央の『マップ』をタップします。

 

雨雲データマップが開くので、画面右中央にある『大河川』という丸いボタンをタップします。

 

大河川ボタンをタップすると、川が青く強調されるので拡大・縮小や上下左右に動かして河川カメラ画像を見たい川をタップします。

 

カメラマークが表示されるのでタップします。

 

最新の河川カメラ画像が表示されます。(※ほとんどのカメラ画像は右上に日付・時刻が小さく表示されています。

さらに『平常時の画像を表示する』をタップします。

 

このように平常時の河川カメラ画像に切り替えれます。

河川カメラの画像を見れない場合の対処法

対処法①:大河川ボタンがない場合

雨雲データマップ上に大河川ボタンがない場合は、アプリが古い可能性がありますので最新版にアップデートしてください。

対処法②:見たい河川に「カメラマーク」がない

スワイプして上流や下流に少し移動してみてください。カメラマークが見つかる可能性があります。

それでもカメラマークが見つからない場合は、そもそもカメラが設置されていない河川の可能性もあります。

アプリの説明によると、すべての河川にカメラが設置されているわけではないとのことです。

関連記事NHK ニュース・防災アプリの使い方と設定方法を画像付きで解説【iPhone、Android】

関連記事NHKニュース・防災情報をパソコン(PC)で見る方法

台風情報アプリ(無料)のおすすめランキング【NHKニュース防災アプリなど】





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。