LINEのリプライとメンションの違いを解説


LINEの「リプライ」と「メンション」の違いを紹介します。

送る側・受け取る側の通知やメッセージ形式がどのように違うのかを分かりやすく解説していきます。

①送る側の違い

自分が送るメッセージの前に「@相手の名前」を指定するのがメンションです。

 

誰かのメッセージを引用して自分のメッセージを添えるのがリプライです。

②受け取る側の違い

通知

リプライの通知に関しては、受け取る側は通常のメッセージの通知と違いはありません。

 

一方、メンションのほうは通知に特徴があります。

メンションの@マークで指定された人にだけ、通知に「●●がメンションしました」が表示されます。

また、@マークで指定された人のトーク画面には「メンションされました」という青い文字が表示されます。これがメンションの一番の特徴です。

受け取る側に「メンションされました」が表示されるメリットは?

@マークで指定した人にだけ「メンションされました」が表示されるので、グループトーク内で特定の人に送ったメッセージだと気付かせることができるのが最大のメリットです。

なので、ほとんど見ていない放置気味のグループがあっても「メンションされました」の通知が来た時だけは、自分宛てのメッセージがあると思ってください。

メッセージの形式

メッセージの形式については、送る側で見えている形式でそのまま届きます。

 

メンションは「@名前」の後にメッセージが付きます。

 

リプライは引用メッセージの後にメッセージが付きます。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。