LINE「このメッセージはありません」の意味・表示される理由を解説


LINEグループや1対1のトークで表示される「このメッセージはありません」の意味を紹介します。

「このメッセージはありません」が表示されるのはどんな時?

以下の2パターンの時に表示されます。

【パターン①】相手がリプライ元を送信取り消しした時

相手がリプライ元のメッセージを送信取り消しした時に「このメッセージはありません」と表示されます。

具体例

例えば、相手のメッセージに対して以下の画像のようにリプライ(引用返信)したとします。

 

【相手側の操作】

このリプライに対して、相手がリプライ元のメッセージ「リプライしてね」を長押しします。

 

「送信取消」をタップします。

 

【自分側】

相手がメッセージを取り消したので、自分側の画面ではリプライ元のメッセージだけが「このメッセージはありません。」と表示されるようになります。

関連LINEの送信取り消し方法、通知・相手側の見え方も解説

【パターン②】リプライ元を自分側で削除した時

リプライ元のメッセージを自分側で削除した場合も「このメッセージはありません」と表示されます。

【手順】

リプライ元のメッセージを長押しします。

 

「削除」をタップします。

 

リプライ元だけが「このメッセージはありません。」の表記に変わります。

関連LINEでメッセージを削除する方法、通知・相手側も消えるのかについても解説





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。