LINEで既読がつかないのに返信がくる4つの理由


LINEで既読が付かないのに返信がくるパターンを紹介します。

また、既読が付かないパターンとして、ネットに出回っている誤情報も存在しますので、その点についても解説していきます。

既読がつかないのに返信がくる理由

理由①:相手がトークルームを削除した

相手が未読のメッセージが残っている状態でトークルームを削除してしまうと、その後に返信をしても削除したメッセージには既読が付きません。

具体的には以下のような操作になります。

【相手側の操作】

未読のメッセージが残っている状態で、トークルームを右から左にスワイプします。(※Android版は長押し)

 

「削除」をタップしてトークルームを削除します。

 

「友だちリスト」からトークルームを削除した友達のプロフィール画面を開きます。

 

「トーク」をタップしてトークルームを開き直して返信します。

【自分側】

未読の状態で削除したメッセージは相手は見れないので、以下の画像のように既読が付かないのに返信が来ます。

理由②:相手にブロックされていた

相手にブロックされている間に送ったメッセージは既読が付きません。

」→「友だち」→「ブロックリスト」からブロックを解除してもブロック中に送ったメッセージは相手に届くことはないので既読は付きません。その後に返信をすれば「既読がつかないのに返信がくる」という状態になります。

理由③:相手が機種変更時のトーク履歴の引き継ぎに失敗した

未読のメッセージが残っている状態で相手が機種変更した場合、

  • トーク履歴の引き継ぎに失敗
  • トーク履歴をバックアップせずに機種変更した

という状態になると、未読のメッセージは相手に届くことはないので既読は付きません。

この状態で相手がメッセージを送ると、既読がつかないのに返信がくる」という状態になります。

理由④:バグ

可能性は低いですが、バグで既読が付かないだけの可能性も考えられます。

バグの場合は、既読が付かないメッセージが相手に届いているかどうかは不明なので、念のため再度メッセージを送ることをおすすめします。

ネットに出回っている誤情報

ネット上には、ポップアップ通知から返信すればトークルームを開かないので既読は付かないという情報が出回っていますが、この情報は間違っていて既読は付きます。

【返信された側】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。