LINEのLetter Sealingをオフにすると何が起きる?具体例で簡単に解説


LINEのLetter Sealing(レターシーリング)をオフにすると何が起こるのかを具体例で簡単に紹介します。

「Letter Sealingをオンにすれば暗号化できることはなんとなく分かったけど、オフにしたら何が起きるの?」という疑問にお答えしていきます。

Letter Sealingをオフにするとどうなる?

Letter Sealingをオフにすると、LINEで送受信するメッセージや通話内容などが暗号化されないので第三者や管理者にメッセージを読まれるリスクが高くなります。

具体例

例えば以下の画像のように「明日18時に渋谷のドンキで」というメッセージを送ったとします。

①Letter Sealingがオンの場合

Letter Sealingがオンの場合、相手に届くまでのネットワークやデータベース上では「明日18時に渋谷のドンキで」というメッセージが暗号化されるので「0K640KGTBw7Qr7TVt53Qjr3ehoE」のような暗号文になります。

この暗号文を元のメッセージに戻せるのは相手のLINEだけなので、仮に第三者や管理者がデータベースにアクセスしたとしても「0K640KGTBw7Qr7TVt53Qjr3ehoE」の暗号文を解読できないので安全と言えます。

イメージ

[自分]
 ↓
 ↓
0K640KGTBw7Qr7TVt53Qjr3ehoE ←盗み見されたとしても解読できない
 ↓
 ↓
[相手]

②Letter Sealingがオフの場合

Letter Sealingがオフの場合、相手に届くまでのネットワークやデータベース上を「明日18時に渋谷のドンキで」というメッセージが暗号化されずにそのまま流れるため、第三者や管理者にアクセスされた場合にメッセージを読まれてしまいます。

イメージ

[自分]
 ↓
 ↓
明日18時に渋谷のドンキで ←盗み見されたら読めてしまう
 ↓
 ↓
[相手]

操作する上での違いは特になし

メッセージや通話内容が裏で自動的に[暗号化される/暗号化されない]が変わるだけで、自分や相手の操作上の違いは特にありません。

ですので、特にこだわりがないのであればLetter Sealingの設定はより安全な「ON(デフォルトのまま)」で問題ありません。

逆に「OFF」にしても何もメリットはありません。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。