LINE「相手が電話を着信しました(T55)」が出る2つの理由。ブロックやバグの可能性は?


LINEで通話中(音声通話・ビデオ通話)に「相手が電話を着信しました。しばらくしてからもう一度かけ直してください。(T55)」のエラーが出て切断されることがあります。

このエラーには、ちゃんとした理由がありますので相手側の設定・操作も合わせて解説していきます。

「相手が電話を着信しました」が出る2つの理由

理由①:相手側でアラームが鳴って通話が切れた時

LINEで通話中に相手のスマホにアラームが鳴って通話が切断された時にこのエラーが出ます。

なお、アラームで通話を切断するためには、相手が以下の設定をしている必要があります。

アラームで通話が切れる設定

「設定(歯車)」→「通話」→「iPhoneの基本通話と統合」をOFFにすると、アラームが鳴った時にLINEの通話が切断されます。

 

相手がこの設定をしている状態で、アラームが鳴って通話が切断されると、「相手が電話を着信しました」のエラーが自分側に表示されます。

電話の着信で切断されたわけではないので、エラーの表示内容的にはバグということになります。

理由②:電話の着信・発信をした(※条件あり)

LINEで通話中に、相手が電話番号(080-xxxx-xxxx など)のほうに着信・発信をした場合にもこのエラーが出ます。

ただし、相手側が以下の設定をしている場合に限ります。

相手側の設定

「設定(歯車)」→「通話」→「iPhoneの基本通話と統合」をOFFにします。

 

この設定をしてLINEで通話中に電話番号に着信が入ると以下の画面になります。この画面から電話に応答した場合に、LINEの通話が切れて自分側に「相手が電話を着信しました」のエラーが出ます。

発信も同様

この設定でLINE通話中に電話をかけた時も同様で、LINEの通話が切断されて自分側に「相手が電話を着信しました」のエラーが出ます。

ブロックは関係ある?

LINEで通話中にブロックをしても通話は切断されないので、ブロックされてこのエラーが出ることは絶対にありません。

ブロック後に通話を終了しても、エラーが出ることはありません。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA