TikTokで共有から垢バレする可能性があるか簡単に確認する方法


TikTokは誰かの動画のURLを共有すると、共有した相手に自分のTikTokのアカウントがバレることがあります。

今回は、自分が共有した時に垢バレする可能性があるかどうかを簡単に確認する方法を紹介します。

共有から垢バレする可能性があるか確認する方法

まずは誰の動画でもいいので「共有ボタン(矢印のアイコン)」をタップしてください。

 

「リンクをコピー」をタップします。

 

以下の手順でブラウザにURLを貼り付けてください。

Safariを開きます。

 

アドレスバーをタップします。

 

「×」をタップしてアドレスバーの中身を消します。

 

アドレスバーを長押しします。

 

「ペースト」をタップしてから、キーボードの「開く」をタップします。

Chromeを開きます。

 

アドレスバーをタップしてください。

 

さらにアドレスバーを長押しします。

 

「貼り付け」をタップしてから、キーボードの「→(実行)」をタップします。

垢バレの可能性があるかどうかの見分け方

URLを開いた時に、画面上部の「●●さんがTikTokを使っています」の部分に自分のアカウントが表示される場合は垢バレします。誰がこのURLを開いても、同じように自分のアカウントが表示されると思ってもらえば分かりやすいと思います。

URLを共有した本人(自分)が開いているからアカウントが表示されるわけでなく、URLを開いた人のどの画面にも自分(URLを共有した人)のアカウントが表示されます。

 

ちなみに垢バレする可能性が無い場合は、画面上部にアカウントは絶対に表示されません。この場合は、共有から垢バレする可能性はありません。

アカウントが表示されるかどうかは設定で簡単に切り替えれるので、TikTokを共有した時の垢バレを防ぐ設定方法【リンクをコピー】を参考にして非表示にしておくことをおすすめします。

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。