TikTokで共有(リンクをコピー)から一瞬で垢バレする一連の流れを解説。「この動画をシェアしました」


TikTokは他人の動画のURLを共有しただけでも、自分のアカウントが簡単に垢バレします。

今回は、他人の動画のURLをTwitterでツイートした場合を例として、自分のアカウントがバレるまでの流れを画像を使って紹介していきます。

垢バレするまでの一連の流れ

他人の動画の「共有ボタン(矢印)」をタップして「リンクをコピー」を選択します。(※試す場合は自分とまったく繋がりのない人の動画だと、より分かりやすいです)

 

TwitterでコピーしたURLを貼り付けて、普通にツイートします。

【重要】ここから一瞬で垢バレします

ツイートからURLを開いた全員の画面に、設定によっては共有した人のアカウント名が「この動画をシェアしました」と共に表示されます。この部分に親切にフォローボタンまで出るので、自分のアカウントが一瞬でバレます。

「設定によっては」とは?

共有した場合に他人の画面にフォローボタンが出てしまうのは、

  • ①公開アカウントで共有した
  • ②おすすめ表示の設定をONのまま共有した

の両方の条件が揃っている場合のみです。

①は単純に「鍵垢ではないアカウントで共有したら」という意味なので分かりやすいと思います。

②の設定は意外と知らない人が多いのですが、初期状態だとONになっていて垢バレしてしまうのでOFFにするのがおすすめです。OFFにする手順は、TikTokを共有した時の垢バレを防ぐ設定方法をご覧ください。

まとめ

TwitterでURLをツイートする場合を例として解説しましたが、共有方法は何を使おうが同じで、メールやLINEで共有した場合でも同じことが起きます。

不安な場合は、最後に紹介したTikTokを共有した時の垢バレを防ぐ設定方法を参考に設定をOFFにしてください。

関連記事

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。