LINEでグループから友達追加したのに未読のまま既読にならない理由


LINEでグループから友達追加した後に、1対1のトークでメッセージを送っても未読のままで既読にならないことがたまにあります。

これにはちゃんとした理由があって、相手側の設定によってはメッセージがいっさい届いていないので、原因と対処法を紹介していきます。

グループから友達追加した人が既読にならない理由

グループから追加した人へのメッセージが未読のまま既読にならない理由は、相手が「メッセージ受信拒否」の設定をONにしているからです。

「メッセージ受信拒否」とは?

「設定(歯車)」→「プライバシー管理」→「メッセージ受信拒否」で切り替えれる設定のことです。この設定がONになっていると、友達追加していない相手からのメッセージをいっさい受信しないようにできます。

 

グループからの友達追加の場合、自分は友達追加をしていても、相手は自分のことを友達追加していないパターンもあります。

その場合に、相手が「メッセージ受信拒否」をONにしていると、自分が送ったメッセージは相手にいっさい届かないので、ずっと未読のままになってしまいます。

対処法

相手に自分のことを友達追加してもらえばメッセージが届くようになります。以下の手順でグループトークでメンション機能を使ってお願いするのがおすすめです。

メンションの送り方

グループのトークルームで「@」を入力します。

 

メンバーが一覧で表示されるので、メッセージを送りたい相手を選択します。

 

「@ + 相手の名前」の後にメッセージを入力します。

 

こんな感じでグループトークで相手を指定してメッセージを送れます。

メンションでお願いしたら、後は相手が自分を友達追加してくれるのを待つのみです。

過去に送ったメッセージは破棄されます

相手が自分を友達追加してくれたとしても、友達追加前に送ったメッセージは相手に届かずに破棄されます。破棄されるので、自分側には未読のメッセージとしてずっと残ります。

ですので、友達追加された後に、改めてメッセージを送ってください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。