LINEの複数人トークに招待できない5つの原因


LINEの複数人トークに招待できない原因を紹介します。

LINEのグループではなく複数人トークに招待できない原因は5つありますので、可能性が高い順番に解説していきます。

原因①:相手を友達追加していない

相手をまだ友達追加していない、または何らかの操作で友達関係を解除してしまった場合は、複数人トークの招待画面に相手が出てこないので招待できません。

招待画面

対処法

相手を友達追加してから、再度招待画面を開いてください。

原因②:相手をブロックしている

相手をブロックしている場合も複数人トークの招待画面に出てこないので招待できません。

対処法

(ホーム)」→「(歯車)」→「友だち」→「ブロックリスト」を開き、ブロックを解除してから再度招待画面を開いてください。

原因③:メッセージを一度も送っていない

複数人トークは招待を完了した時点では相手側への通知はなくトークルームも作成されないので、相手は複数人トークの存在すら気付きません。

対処法

メッセージかスタンプを1回送信してください。この時点で初めて相手が複数人トークに招待されたことに気付けます。

原因④:相手にブロックされている

相手にブロックされている場合、自分側は招待が完了したように見えますが、相手側にトークルームは作成されずメッセージ・通知も届かないので複数人トークの存在すら気付きません。

対処法

ブロックされている場合、複数人トークをすることは絶対にできないので完璧な対処法は存在しませんが、以下の記事を参考にブロックされているかを確認することはできます。

LINEでブロックされたか確認する方法【2019年最新版!】

原因⑤:相手が「メッセージ受信拒否」を設定している

相手が自分のことを友達追加しておらず、かつ「メッセージ受信拒否(友達以外からのメッセージは受信拒否)」を設定している場合、複数人トークに招待されたことに気付くこはありません。

メッセージの受信拒否の設定場所
(ホーム)」→「(歯車)」→「プライバシー管理」を開く。
メッセージ受信拒否の設定

 

対処法

対処法はありませんが、招待したい相手と1対1のトークはできているのであれば「メッセージ受信拒否」をされていることは100%ありません。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。