LINEでブロックされている相手にメッセージを送る4つの方法【2022年最新】


LINEでブロックされている相手にメッセージを送る方法を紹介します。

ブロックされている相手には1対1のトークでメッセージを送ることはできませんが、今回紹介する4つの方法で相手にメッセージを送ることができます。

方法①:グループトークでメッセージを送る

グループトークならブロックされている相手にもメッセージを送ることができます。

通知もメンション表示もされます

通知もメンション表示もされますので、グループトークからメンション(@名前)でメッセージを送れば一番気付いてもらえます。

関連:LINEグループで一人だけに個人的に連絡を取る2つの方法

同じグループに参加していない場合は?

ブロックされている相手と同じグループに参加していない場合は、友達(第三者)に協力してもらって自分とブロックされている相手をグループに招待してもらうという手があります。

ブロックされてる場合でも、第三者なら関係なく両者をグループに招待することができます。

方法②:全体公開の投稿にコメントする

相手がLINE VOOM(旧タイムライン)に全体公開で投稿をしている場合、以下の手順でコメントを送ることができます。

ブロックされている相手の投稿の見方

友達リストから相手のプロフィール画面を開いて「LINE VOOM投稿」をタップします。

 

相手が全体公開の投稿をしている場合のみ、ブロックされていても「吹き出しアイコン」をタップしてコメントを送ることができます。

ただし通知は届かないので気付かれない可能性も・・・

この方法の唯一の難点なのですが、コメント自体は相手側に反映されますが通知はブロックされているので届きません。

ですので、相手が過去の投稿を振り返ってコメント欄を自分で開かない限りは気付いてもらえません。

方法③:サブ垢からメッセージを送る

複数の電話番号があってサブ垢を簡単に作成できるようなら、サブ垢を作成して相手を友達追加すれば確実にメッセージを送れます。

方法④:アカウントを作り直してからメッセージを送る

アカウントをいったん削除してから新しく作り直せば相手を友達追加してメッセージを送ることができます。

ただし、他の友達関係などが全てリセットされてしまうので現実的な方法ではありません。

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。