LINEの登録を知られたくない場合に電話帳を同期・反映させない登録方法


LINEの登録を知られたくない時に電話帳を同期・反映しない方法を解説します。

LINEのアカウント登録時に電話帳を同期してしまうと、友達に通知が届き自動追加されてしまいます。

友達に知られたくない時は、今回紹介する方法で登録してください。


無料

LINE

↓iPhone・iPad版のダウンロード

↓Android版のインストール

電話帳を同期させないLINEの登録方法

まずはLINEアプリを起動して『新規登録』をタップします。

 

利用登録画面が開くので『電話番号』を入力してから『番号認証』をタップします。

 

入力した電話番号宛てにSMS(ショートメール)で認証番号が送られてくるので、入力してから『次へ』をタップします。

 

ここからが重要です!

名前の入力画面で『友だち自動追加』をタップします。

 

「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」の右にある2つのスイッチを「オフ(白色)」に変更してから、左上の『<(戻る)』をタップします。

 

戻った画面で「友だち自動追加」「友だちへの追加を許可」のチェックが外れていることを確認できたら、名前を入力して『登録』をタップします。

 

自分が契約しているキャリアをタップします。(※後から設定可能なので「年齢確認をしない」をタップしてもOKです。

 

情報利用に関するお願いに『同意する』をタップします。

 

『メールアドレス』『パスワード』を入力してから『登録する』をタップします。

 

入力したメールアドレス宛に登録確認メールが届くので、その中の認証用のリンクをタップします。

 

メールアプリによっては、LINEアプリを開いて良いか聞かれるので『開く』をタップします。

 

バックアップは『あとで』をタップします。

これでアカウントの新規登録は完了してLINEアプリが使えるようになります。

登録の途中で「友だち自動追加」「友だちへの追加を許可」をオフにしたことによって、電話帳は同期されておらず、アカウントを登録したことも誰にも知られていない状態です!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。