YouTubeの「利用できない動画が非表示になっています」を再生リストから削除する方法


YouTubeの再生リストや後で見るの画面に「●●本の利用できない動画が非表示になっています」が表示されることがあります。

この表示は、投稿者が削除した動画や規約違反で消された動画(いわゆるBAN)が再生リストに含まれている時に表示されますので、再表示して削除する方法を紹介していきます。

「利用できない動画が非表示になっています」の削除方法

まずは「利用できない動画が非表示になっています」が表示される再生リストを開いてください。

 

画面右上の「︙」をタップします。

 

「利用できない動画を表示する」をタップします。

 

利用できない動画が再表示されるので、削除された動画の「︙」をタップして再生リストからすべて削除すれば完了です。

PCもほぼ同じ手順です

PCの場合は、再生リストを表示させたら「・・・」をタップします。

 

「利用できない動画を表示する」をタップすれば削除された動画が表示されます。以降の手順はスマホと同じです。

再生リスト以外の画面も同じです

再生リスト以外の

  • 後で見る
  • 高く評価した動画

などの画面も同じで、「︙」→「利用できない動画を表示する」の順にタップすれば削除された動画を再表示できます。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA